ドーピングについて

VESPA・WASPは、ドーピング規制に関わる成分をいっさい含んでいません。

「ドーピング規制に関わる成分」とは、WADA(World Anti-Doping Agency)が禁止表国際基準で禁止物質として扱うものを指します。詳しくは、WADAの日本語版Webサイトでご確認ください。

VESPAは、

ご愛用いただいているチーム、アスリートの皆様、製品サポートを行なっている契約選手なども含め、国内外の大会におけるドーピングチェックで違反の指摘を受けた事例は今まで一切ありません。

※「DOPING FREE®」は当社の登録商標です。

  

さらに、

アスリートの検査よりも厳しい基準で行われる(財)競走馬理化学研究所による「医薬品等薬物検査」(平成13年4月18日 第01-0074号)でも、VESPAは陰性であることが証明されています。

ドーピングとは、

尿・血液検査することで禁止薬物を摂取した競技者を見つけ出し処分する制度です。禁止薬物で作られたサプリメント等の製品を検査することではありません。